大阪堺市で陶芸教室『喜楽歩』を主宰する陶芸家八田亨の日常や作陶のヒント、作品を紹介します。
by kirakupo
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログパーツ
カテゴリ
全体
その他
装飾と技法
作品
陶芸教室

古き良き日本
イベント
穴窯
イタリア
カップ麺
道具
作品展
お土産
映画

食べたこと
kodomo塾
出張教室
日々
クラフトフェア
パンジョライフカレッジ
未分類
メモ帳
以前の記事
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
お気に入りブログ
灯しびとの集い
最新のトラックバック
[#629]窯出し
from 器・UTUWA&陶芸blog
アイアムレジェンド
from 浅見れいな、森山未來、熱愛、..
アイアムレジェンド 結末
from takagana22
アイアムレジェンド ネタばれ
from 最近の話題
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
大切な事
午前中、ぎゃらりいホンダさんで行われているKさんの個展へ。

以前、値段の相談を受けたと記事にも書いたKさんの個展です。

Kさんは20年間陶芸教室などで作品を作ったり全国各地で窯焚きに参加したりして、還暦を迎えられる今年に記念の個展を開催されました。

はっきり言ってうまいです。



つくづく陶芸にプロもアマもないなと思う。

窯を持ってないからプロじゃないとか、これで飯食べてないからプロじゃないなんていったらその内赤っ恥かくんちゃう?

最近、朝日現代や朝日陶芸展などの公募展に趣味が高じてセミプロみたいになって入選されてる方が多く目立ちます。

それは審査に作者のライフスタイルまで考慮されていないあくまで作品オンリーのガチンコ勝負って事でいいんだけど、むしろ問題はどこに行けばプロの作品が見れるかってこと。

今時、百貨店や有名な公募展に作品が出てるからといってプロとは限らないのです。

これは陶芸仲間で話すときにいつも論点になるんですが、書道や茶道、花道、他には料理やお菓子など免状制になってるものはある一定の技術や知識をもって、それぞれ最終的に免許皆伝の暁には言い方は違うでしょうが商権?上納金?みたいなものを会に納めてはじめて資格を取得したことになって自分も〇〇流を名乗ったり教室を開いたりする事ができるようになります。

医者、弁護士、会計士、建築士、看護士・・・などは国家が認めた資格。

陶芸も国家試験にする(笑)?

それでもって言えば上手い下手関係なくプロとアマの区別がつくんですが、つうかその区別する必要ははっきりいってないって思っています。


自作で食えるか?食えないか?ちゅう問題より良い作品を作ってるかの方が内心大事と思ってて、ある人がどんな地位の人でどんな生活環境で作っているのかは二の次なんです。

良い例が細川護熙さん。

元首相やし言わずと知れた有名人。そして日本でもっとも有名な陶芸家の一人。

大阪・なんば高島屋で作品販売なしで個展。5000円の図録をどんだけ売ったことか。

作品も売れて当然。


これで、細川さんの作品がショボかったら「なーんや、やっぱり元首相やし、そりゃ売れるわ」で済むんですが僕が見た限りじゃ相当いいもん焼いてはると思う。

先祖を辿れば熊本のお殿様やし、我が国のホンマもんに囲まれて育ってきた環境と設備投資に遠慮が要らないのかいい師匠がついてるのかは分かりませんが、兎に角上手いと思います。

だから、ニクイのですよ。

まぁ、細川さんは極端な例ですが、身近に生活を全く気にせずバシバシお金かけてのびのび作ってる人がいたとしてもやはり彼がいいの焼いてて「自分のより・・・」と思ってしまったらやはり悔しいと思う。

逆にどんなに売れてても「たいしたんじゃないな・・・」って思ったら悔しくないんじゃないかな?


結局は作品なんだと思う。


(何の話だったか上までスクロールしなきゃ忘れてしまいましたが・・・)

確かに此れからKさんの主な収入源は年金となるんですが、本職の皆が下向いて売ってるなか、これだけの情熱を持って作品を作って、焼いて、展示して一生懸命お客さんに自作説明をしている姿勢は我々も見習わないといけませんね。



***********
土炎楽学
~小山 普 作陶展~
日程:4月16日~19日
時間:11時~19時
場所:ぎゃらりいホンダ
***********



午後からは家族サービスで造幣局の桜の通り抜けに行って来ました。

大阪15年目にしてはじめて。

c0130858_23481244.jpg

葉桜が多く、満開を少し通り越してしまってたような感じでしたが(こんなもんなのかな?)雪洞のような桜が可愛かったです。


いっぱい露店がでてるんですね。それにしてもいろいろ考えますね~。
c0130858_23523721.jpg

これ、なんだか分かります?

おたまじゃくしすくい(爆)

アマガエルだそうです・・・・。

それにしてもオバチャンすくい過ぎやろ。。。



今日の一言
「ハイゼット」




ブログランキングに参加しています。下のリンクをクリックしていただけると一票。
応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by kirakupo | 2009-04-17 23:53 | 日々
<< 募集開始!! ハリネズミさんの額縁 >>