大阪堺市で陶芸教室『喜楽歩』を主宰する陶芸家八田亨の日常や作陶のヒント、作品を紹介します。
by kirakupo
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログパーツ
カテゴリ
全体
その他
装飾と技法
作品
陶芸教室

古き良き日本
イベント
穴窯
イタリア
カップ麺
道具
作品展
お土産
映画

食べたこと
kodomo塾
出張教室
日々
クラフトフェア
パンジョライフカレッジ
未分類
メモ帳
以前の記事
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
お気に入りブログ
灯しびとの集い
最新のトラックバック
[#629]窯出し
from 器・UTUWA&陶芸blog
アイアムレジェンド
from 浅見れいな、森山未來、熱愛、..
アイアムレジェンド 結末
from takagana22
アイアムレジェンド ネタばれ
from 最近の話題
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
土作り
最近の作品作りは土作りからはじめる。

毎回の窯だしした作品からもっと粒を大きくだとか、もっと鉄分を含んだものだとか、もっと砂っぽくだとか。

自分の目標は常に手探り。

粘土自体は粘土屋さんから原土を仕入れる。



土のつぶし方とか篩う大きさとかいろいろ相談する。

綺麗になりすぎても嫌だし、荒すぎても成型がわざとらしくて嫌。




最近、粘土屋さんの土の篩い方について重大な事が分かった。

荒めのものが欲しかったので、一番大きな篩いの大きさの3mm目で篩う事を頼んだんですが、粘土屋さんは効率を計るために、根気良く篩ってない事。

根気良く篩うと3mm弱の粒が下に落ちる。

ってことは結構大き目の粒がある粘土が出来るはずなんですが、あまり大きな粒が目立たない。

聞くところによると、100キロ頼んだら篩いカスが同じくらいでているそう。

根気良く篩ったらおそらく10キロほどだと思う。

そこまでしっかり篩ってくれていたら3ミリほどの大き目の粒が入っているはずなんやけどね。。。

ちょっと意味不明ですよね?すみません。。



今日作った土は白土で割と耐火度の低いもので焼き上がりは堅牢性が高く、11月の穴窯で後ろのほうに入れる作品を作るための土。

白瓷(シラシ)や山茶碗の様な雰囲気を目指している。

ところで白瓷と書いてハクジと読むこともあるが、どっちが正しいんだろう??


前にも書いたけど、土作りをするとなんかいい作品が焼けそうな気がしてならない。

なんでやろ?

気のせい・・・?

一回やってみたら分かりますよ。

粒を一つ潰す度に、粘土の中にすごくいいエッセンスが溶け込むような、、、。


急ぎすぎず出来るだけ丁寧にものづくりをしたい。






今日の一言
「しましま」








ブログランキングに参加しています。下のリンクをクリックしていただけると一票。
応援よろしくお願いします。
人気ブログランキング
[PR]
by kirakupo | 2010-10-12 23:38 | 日々
<< 信楽へ 決起集会 >>