大阪堺市で陶芸教室『喜楽歩』を主宰する陶芸家八田亨の日常や作陶のヒント、作品を紹介します。
by kirakupo
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログパーツ
カテゴリ
全体
その他
装飾と技法
作品
陶芸教室

古き良き日本
イベント
穴窯
イタリア
カップ麺
道具
作品展
お土産
映画

食べたこと
kodomo塾
出張教室
日々
クラフトフェア
パンジョライフカレッジ
未分類
メモ帳
以前の記事
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
お気に入りブログ
灯しびとの集い
最新のトラックバック
[#629]窯出し
from 器・UTUWA&陶芸blog
アイアムレジェンド
from 浅見れいな、森山未來、熱愛、..
アイアムレジェンド 結末
from takagana22
アイアムレジェンド ネタばれ
from 最近の話題
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
薪で釉薬物を焼く
ここ何年か穴窯で釉薬モノを焼こうと色々試みてるんですが、釉薬が溶けてなかったり、釉薬が溶けすぎてたり、一方行からの炎の流れによって変形してみたり・・・。

薪で焼くことにとても面白みを感じているのでチャレンジしてるんですが、もう失敗作を何個割ってきた事か・・・。

それでも、失敗作の中に一部分だけいい表情を見せてたりとちょっとづつ手繰り寄せるようにやってきた。

で、今回の焼成でちょっと良いものが取れたので紹介します。
c0130858_22221292.jpg
c0130858_22222378.jpg


薪で焼くと何がどう違うのか、ひょっとして自己満足!?

薪でコストがとても掛かるので値段を上げたりしますが、それを求める人がその違いを認めないと駄目な訳で・・・。


何回か焼いてみて分かった事といえば、薪で焼くと表面がヌルッっとした感じになるようです。上手く説明できませんね(笑)

そして、灰が掛かったところは釉薬がマットになります。

灰も釉薬の調合に加わって、その色がなんとも深いんです。

早く個展なんかで出せたらと思います。



さて、今日は岸和田のKさんの穴窯作りの手伝いに行ってきました。

肯定は最終の屋根の天井張り。

それも一番最後の層のキャスター打ちでした。

来月にもう初窯を焚くそうで、とても楽しみにしています。

その後、工房へ帰ってロクロ挽き。
c0130858_22223329.jpg


1日で体がパンパンです(汗)






今日の一言
「相変わらず黄砂アレルギー」




ブログランキングに参加しています。下のリンクをクリックしていただけると一票。
応援よろしくお願いします。
人気ブログランキング
[PR]
by kirakupo | 2011-05-10 22:49 | 日々
<< 今日という日は・・・ 穴窯終り、そして忘れられない一日 >>