大阪堺市で陶芸教室『喜楽歩』を主宰する陶芸家八田亨の日常や作陶のヒント、作品を紹介します。
by kirakupo
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログパーツ
カテゴリ
全体
その他
装飾と技法
作品
陶芸教室

古き良き日本
イベント
穴窯
イタリア
カップ麺
道具
作品展
お土産
映画

食べたこと
kodomo塾
出張教室
日々
クラフトフェア
パンジョライフカレッジ
未分類
メモ帳
以前の記事
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
お気に入りブログ
灯しびとの集い
最新のトラックバック
[#629]窯出し
from 器・UTUWA&陶芸blog
アイアムレジェンド
from 浅見れいな、森山未來、熱愛、..
アイアムレジェンド 結末
from takagana22
アイアムレジェンド ネタばれ
from 最近の話題
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
二重掛けテストピース
とりあえずは一年の大きなイベントはすべて終わって、後は大掃除と忘年会を残すのみとなりました。

ぼちぼちムロの整理とか換気扇の掃除とかを始めましたが、その傍らでは半年前より進めている「釉薬の2重掛けのテストピース」を作っています。

教室で「この釉薬の上にこの釉薬を掛けるとどうなりますか?」とよく聞かれますが何種類かは分かるんですがほとんどの掛け合わせは恥ずかしながら、

「やってみないと分かりません。」

としか答えることができませんでした。

その結果、釉薬が流れて棚板にくっついたり、とても気持ち悪い色になってしまったりします。時々奇跡の色を生むこともありますがとても稀な事です。

釉薬は絵の具のように青と赤を混ぜると紫になるというような単純なものじゃないので予想のつかないことがよく起こります。(それがいいのかもしれませんが・・・)

そこでこういったテストピースがあればゴチャゴチャいうよりはっきり分かりますよね。
c0130858_0374359.jpg


でも、やり始めてすぐに大変なことに手を出してしまったと気づきました。


そんな難しいことに思えないかもしれませんが、何に難儀してるのかというと単にその数が多いのです。


かたーくなった釉薬、あまり使わなくなった釉薬、残り少なくなった釉薬、土鍋の釉薬などを除き一応レギュラーとして22種類の釉薬を設定しました。


ということは・・・一つの釉薬に対して21種類の掛け合わせのパターンがあるということ。

それに赤土と白土、酸化と還元がありますので、


22種類×21パターン×2(白と赤)×2(酸化と還元)=1848個!!




まぁ、1848種類の釉薬のパターンがあるって考えるとワクワクしますよね。でも、実際使えそうなものはその中の2割から3割といったところ。

でも、使えないものは使えないものとして分かっていればそのピースは仕事を果たしたことになります。



とりあえずは加藤君が頑張ってくれて何とか全種類焼いたのですが、この莫大な数をどこに設置しましょうか?


しばらくの間ダンボール箱にその1800個を入れていましたが生徒さんがその中から特定のピースを探し出すことははっきりいって奇跡に近いことでした。

ジャラジャラ・・・ってまるでくじ引き!



加藤君がせっかく苦労してやったことなのにこれでは申し訳が立ちません。

そこで2人で背精一杯無い知恵出し合ってその設置方法を考えました。

上手い事収納しようともしましたが、最終的には常に見えるようにしたほうがいいということになりました。

何の釉薬にしようかと悩んでしまってあるものを探し出すより、テストピースを見て作品のイメージを膨らませてもらうアプローチの提案です。

いつも釉薬に悩んでいる人が少しは助かればいいと思います。

c0130858_0382082.jpg

その設置自体もすげーかっこよく仕上がる予定です。



今日の一言
「一喜一憂」




ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by kirakupo | 2007-12-22 00:40 | 陶芸教室
<< 厄払い 契約更改(今度こそ) >>