大阪堺市で陶芸教室『喜楽歩』を主宰する陶芸家八田亨の日常や作陶のヒント、作品を紹介します。
by kirakupo
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログパーツ
カテゴリ
全体
その他
装飾と技法
作品
陶芸教室

古き良き日本
イベント
穴窯
イタリア
カップ麺
道具
作品展
お土産
映画

食べたこと
kodomo塾
出張教室
日々
クラフトフェア
パンジョライフカレッジ
未分類
メモ帳
以前の記事
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
お気に入りブログ
灯しびとの集い
最新のトラックバック
[#629]窯出し
from 器・UTUWA&陶芸blog
アイアムレジェンド
from 浅見れいな、森山未來、熱愛、..
アイアムレジェンド 結末
from takagana22
アイアムレジェンド ネタばれ
from 最近の話題
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
練り込みⅠ
昨日の平成陶芸会の講座で「練り込み」をしました。


今回紹介するのはごく基本的な組み方ののひとつです。
最終的に豆皿を作ります。


応用すれば、もっと大きな作品や桜やハイビスカスなど色んな花の文様、また使う粘土によって色んなバリエーションができます。金太郎飴のように。


例えば、今回は赤土と白土の2種類でしますが顔料を使って色粘土を組み合わせたりその顔料の配合比を変えることで色のグラデーションも可能です。


<作り方>

①7mmの厚み粘土をのばします。
c0130858_15375124.jpg


②ちょうどタタラ板のサイズに切り取ります。
c0130858_1538027.jpg


③ハブラシで擦って泥を作って接続し・・・
c0130858_1538843.jpg


④重ねるごとに空気を抜くように手で軽く押さえます。
c0130858_15381672.jpg


⑤赤白交互に重ねます。
c0130858_15382481.jpg


⑥下にスポンジ(長手のやつ。100均に売ってます。)を敷いて6cm毎に弓で垂直にカットします。
c0130858_15383139.jpg


⑦なぜ、スポンジを敷くのか?やってみれば分かります^^
写真の様に一番下まで綺麗にスパッと切れます。
c0130858_1538383.jpg


⑧写真のように切ったモノの長い辺を潰して扇型にします。
c0130858_15384554.jpg


⑨中心に芯棒(赤白どちらでも可)を入れ7つのパーツで一周させます。
赤白ちゃんと交互になるように気をつけます。
c0130858_15385243.jpg

c0130858_15385970.jpg


⑩ここがポイント!!
中央から外へ向かって握りながら細くしていきます。そうする事で空気を外に追いやります。

ちょっと力技。
c0130858_15391027.jpg


⑪ある程度細くなったら机をビチョビチョにしっかり濡らし次は両手で転がしながら更に細くします。
c0130858_15392019.jpg


⑫また下にスポンジを敷いて、先ずは両端は中央が空洞になってる場合が多いのでちゃんと詰まっているところまで切り、残りを7等分します。
c0130858_15393316.jpg


⑬これでひと段落。
これまで何やってるのかさっぱりで狐につままれた顔の人ばかりでしたがやっと模様が見れてうれしそうです。

次はこれを組み合わせてお皿にします。もちろんこれを1cmくらいにカットして箸置きにしてもオッケイ。
c0130858_15394182.jpg


今日の作業はまるでお料理教室です。
c0130858_15401648.jpg


⑭隙間により紐を入れながら合体させていきます。
c0130858_15394815.jpg

このように組み合わせます。
お皿にしたときどうしても端パーツとパーツの間から切れてきますが、このように周りに帯状に粘土を巻いておくと防ぐ事が出来ます。
c0130858_15395510.jpg




粘土の固さを均一にしてネジレをリセットする為に、この状態で乾燥しないようにして2週間以上寝かせます。
Zzzzz・・・・・。

続きはまた来月。






撮影にご協力いただいた大野さん。陶芸暦20年くらい。
シブすぎるぜ・・・。キラーン。
c0130858_1540231.jpg






今日の一言
「源泉徴収税振込締切日」




ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by kirakupo | 2008-01-10 16:54 | 装飾と技法
<< 東京浅草ソース焼きそば、オタフ... えべっさん >>