大阪堺市で陶芸教室『喜楽歩』を主宰する陶芸家八田亨の日常や作陶のヒント、作品を紹介します。
by kirakupo
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログパーツ
カテゴリ
全体
その他
装飾と技法
作品
陶芸教室

古き良き日本
イベント
穴窯
イタリア
カップ麺
道具
作品展
お土産
映画

食べたこと
kodomo塾
出張教室
日々
クラフトフェア
パンジョライフカレッジ
未分類
メモ帳
以前の記事
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
お気に入りブログ
灯しびとの集い
最新のトラックバック
[#629]窯出し
from 器・UTUWA&陶芸blog
アイアムレジェンド
from 浅見れいな、森山未來、熱愛、..
アイアムレジェンド 結末
from takagana22
アイアムレジェンド ネタばれ
from 最近の話題
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ロクロの上達と機械生産
今、製作中のビアカップ、この形何故か縁があってよく作らせてもらっている。
c0130858_191379.jpg

僕は作ることだけを仕事としてませんが、そんな僕でもこの形は1万個は作って焼いてきたと思う。

それだけやったらだいぶ小慣れてきて当然。


一日中これだけを作った・・・という記憶は無いけど大体4分で1個ペース。

このカップが15個のるサン板を埋めるのに約1時間。


普段は100や200の注文貰える事ってそう無いので、かためて挽くことなんて一年に3,4回くらいかなぁ?

大抵、重い腰上げてやりはじめた時は多少感覚を取り戻すまではスピードも上がらないし失敗もする。


とんぼ当ててやってますが、最初の100個までは口切ったり丈が足りなくってのばしたり。
100個過ぎるとだんだんと体がロクロの一部になった感覚をおぼえてテンポがドンドン上がる。


何個かに1回、なんか乗り移ったかのようにバシッて決まる時がある。

ロクロ目も綺麗に揃っていて機械ロクロで挽いたよう。
c0130858_19132164.jpg

杯引きして、荒のばしして、本のばし、最後に柄ゴテで形整える。

普通ならこの他に、側面や底のドベぬぐったり、口切ったり、なんやかんやコテコテの余計な行程が入るんですがバシッって決まる時は無駄が全く無く4分のところ3分ほどでしばく。


確かにこういう仕事は常にタイムトライヤルなので早ければ早いほどいい。

よだれを拭く間も惜しんでロクロを挽く。嘘。


けど、今日フト思ったんですが、奇跡の一個よりちょっとコテコテしたやつの方が面白いし形が手に馴染む。
c0130858_19133120.jpg


僕はこのカップを挽く時は粘土を精一杯硬くします。

でも、その結果ロクロ挽きでウネル様な粘土の動きが消えてしまってるような気がします。



――ロクロが上達するってどういうことなのか?



さすがにだいぶ早くなってきましたが僕より早い人なんてゴマンといる。





去年、土岐の友達が勤めている製陶工場の見学に行きました。



そこではじめて目にした機械ロクロ。

口径、高さ、厚みまで10分の1ミリの単位で寸分の誤差なくおそろしくスピーディに作る。

別の部屋では別の人が機械ロクロで挽いたウツワをおそろしくフィットするシッタに乗せて裏面総削りにする。

これで機械ロクロの石膏型の痕跡は完全に消える。


このとき、自分が作るべきモノ作らなくてはいけないモノよく分かりました。



一個一個たぶん自分にしか分からないカタチを追いながら水挽きします。

ホント一個一個できるだけ丁寧に早く。

でも、同じ事の反復なのでどうしても「作業」っぽくなるんですよね。



ロクロは量産するための最速の道具だと思っています。


だからこの手の仕事においては、上達すると言う事は同じサイズのものを早く作る事と思っています。


「ロクロが上達すると言う事≒機械ロクロ」


・・・・なんでしょうか?




でも、言われてみたらロクロ作品の表情って人によって違う。

とても勢いを感じるロクロ目って確かにある。

それも上手いって事なのかもしれません。



身近な例で言えばマホニーさん。

堂々としててノビノビした作品の雰囲気。


マホニーさんはロクロでカタチを揃えてたくさん作るって事してないようです。


この場合ロクロは量産の道具から表現の道具に変るだなぁ。




今日も文章にオチをつけれそうもありませんが、いいたいことわかります?





今日の一言
「カップ本焼き開始」




ブログランキングに参加しています。下のリンクをクリックしていただけると一票。
応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by kirakupo | 2008-07-14 20:24 | 作品
<< 大人の工場見学 子ども会の役員会 >>