「ほっ」と。キャンペーン

大阪堺市で陶芸教室『喜楽歩』を主宰する陶芸家八田亨の日常や作陶のヒント、作品を紹介します。
by kirakupo
ブログパーツ
カテゴリ
全体
その他
装飾と技法
作品
陶芸教室

古き良き日本
イベント
穴窯
イタリア
カップ麺
道具
作品展
お土産
映画

食べたこと
kodomo塾
出張教室
日々
クラフトフェア
パンジョライフカレッジ
未分類
メモ帳
以前の記事
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
お気に入りブログ
灯しびとの集い
最新のトラックバック
[#629]窯出し
from 器・UTUWA&陶芸blog
アイアムレジェンド
from 浅見れいな、森山未來、熱愛、..
アイアムレジェンド 結末
from takagana22
アイアムレジェンド ネタばれ
from 最近の話題
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 12月 ( 27 )   > この月の画像一覧
六勝
大晦日を超グータラ過ごしております。

昼過ぎに起きてきて起きたままのダルダルダルビッシュな格好で何をしているのかといいますと2日に友人が大阪より来てベタな金沢観光しますのでその下調べをしております。

「金沢出身」というと「いいとこやね~」とか「小京都」ってよく言われますが、何がいいのか何が小京都なのかさっぱり分かりません。

そもそも京都ってなんや?古い町並みが残っていればみんな小京都なの?
よく考えると「小」っていわれてるのが気に入らない。それぞれの特色があるはずなのに単にグレードが低いミニチュア版といわれてるような気がしてきた。


と、いうわけでいい機会なので金沢のいいところ探しをしています。


イタリア観光したときに思ったけど、もし僕らが外国人に日本のいいところを紹介するとなれば何をどう伝えるのだろう?


金沢といえばまずは「兼六園」でしょ。

外国の方によさが伝わるかどうかは別にして、金沢だけでなく日本の観光地の代表格。


でも、県外の人には

さんろくえん→それはジンギスカン

とか

しょくどうえん→それは焼肉屋

とか

ろくろくえん→わかりません

と間違えられます。今まで何人に突っ込みいれたか分かりません。


これは県内に住む人にとっては「富士山」を「富士子さん」といってるようなもの。

そんな奴おれへんやろ~~~。ルパ~~ンと言いたかっただけ。

話を戻しまして・・・


ちょっとウンチクもいってやろうとサイトを調べているとこれまで考えもしなかったけど「名前の由来」が分かった。兼六の六って何??

こういうことらしい・・・


優れた景観を「六勝」といい、それは[宏大(こうだい)][幽邃(ゆうすい)][人力(じんりょく)][蒼古(そうこ)][水泉(すいせん)][眺望(ちょうぼう)]のこと。宋の時代の書物『洛陽名園記(らくようめいえんき)』には、「洛人云う園圃(えんぽ)の勝 相兼ぬる能わざるは六 宏大を務るは幽邃少なし 人力勝るは蒼古少なし 水泉多きは眺望難し 此の六を兼ねるは 惟湖園のみ」という記述があります。その伝えるところは、以下の通りです。「庭園では六つのすぐれた景観を兼ね備えることはできない。広々とした様子(宏大)を表そうとすれば、静寂と奥深さ(幽邃)が少なくなってしまう。人の手が加わったところ(人力)には、古びた趣(蒼古)が乏しい。また、滝や池など(水泉)を多くすれば、遠くを眺めることができない」そして、「この六つの景観が共存しているのは湖園(こえん)だけだ」と結ぶのです。すばらしい景観を持した庭園として賞された湖園。兼六園は、この湖園に似つかわしく、六勝を兼ね備えているという理由から、文政5年(1822)、奥州白河藩主・松平定信によってその名を与えられました。

なるほど・・・楽しみになってきました。

小学校の時に遠足で行った以来だと思います。

当時はいうまでも無く「こんなクソ面白くないところ・・・」と言う印象でしたが歳をとっていろいろ確かめてこようと思います。


さて、これから幼馴染と忘新年会です。モノゴコロ付いたときには一緒にいたって感じのメンツ。
精一杯飲んで、食って、笑ってこようと思います。

それでは良いお年を~~。


今日の一言
「今年一年お世話になりました。来年もよろしくお願いします。」





ブログランキングに参加しています。クリックお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by kirakupo | 2007-12-31 16:29 | 古き良き日本
村の風習
今日より金沢に帰ってきました。
サンダーバード満席。

予定では年を越してからと思っていたのですが、ある用事の為に早目に帰ってきたのです。

その用事とは・・・

村の長男が結婚したら村人を集めて御もてなしをするというもの。(・・・だと思う。。。)
というわけで今年結婚した僕がそれにあたるというわけです。いかにもというような古めかしい風習です。



叔母さんに聞くと父親のときは結婚式から3日間宴会が続いたらしい。結婚式と村の宴会ともう一つはなんだろう?

本当ならば僕の奥さんも一緒に顔合わせっていう展開なんでしょがあいにく仕事の為僕一人で参加することになった。

奥さんは少し申し訳なさそうにしてましたが親に聞くところによると気を使うだろうとわざと無理な日程を選んだそうです。

案の定、僕自身も半分くらいの方の顔しか知らなかったし相手の方も僕の顔が分からない様子でしたので終始不思議な雰囲気でした。

「もうやめよう」って声も出てるみたいなので自分らの子供の代には無くなってるんだろうな、と思います。


田舎っていうのはこのようによく言えばご近所付き合い、悪く言えばしがらみのあるところ。
けど、隣近所の素性が分かり安心感があります。

今日集まったメンバーも今では顔も分からないし年が何歳でどこそこの次男と同い年だとかどうでもいい会話しかかみ合わないですが、僕がこの家に生まれ育ったことは皆昔から知っているし、祖父ちゃんより以前からの家同士の付き合いだから今更僕らにはどうすることも出来ないし・・・。

まぁ、とても日本的というかなんというか・・・


と、そんなことを考えながら今年最後の日を向かえようとしています。




今日の一言
「家にもあった、始めの一歩」




ブログランキングに参加しています。クリックお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by kirakupo | 2007-12-30 19:44 | 古き良き日本
仕事納め
今日で本年のお仕事は一応は終了です。明日気が向けば事務仕事します。

大掃除を一部残してしまったのは残念ですがまぁよしとしましょう。


さて、今日から5日まで連日飲み会が続きます。これも一年頑張ったご褒美です。


今日は大学1回からの友達のMとT。卒業してからほとんどあってないのでこうしてゆっくり話すのは実に8年ぶり。

あの頃は「あの子が好きだ」とか「ソファーを買いたい」とか大学生らしい会話してたと思うけど、話す内容も変わり年の経過を感じました。

正直あまりにも久しぶりだったので少し不安でしたが、二人とも昔と変わらず安心しました。


卒業してからこれまでの事を聞くといろんな人生があるんですねぇ。アル中になったり家買ったり・・・。

それと二人ともこのブログを見てるらしく、そんなところまでっていうところまで隅々見てるのね・・・。いちいちミステイクを突っ込まんといて!


あとは陶芸ネタは刺激になるってことなので来年からはもっと書くようにします。


二人の奥さんの事も知っているし結婚記念日が同じ8月ということで、6人で集まりたいね。
c0130858_22874.jpg







今日の一言
「西村氏の誕生会」




ブログランキングに参加しています。クリックお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by kirakupo | 2007-12-29 02:04 | その他
2重掛けテストピース完成!
やっても成果が見えにくいものは倍つかれます。


昨日は自宅の大掃除をしました。

うちのハイツは去年の6月に建てられたのでまだとっても綺麗。
入居は今年8月なんですが、実はこの部屋は大家さんがご自分で使う予定で誰も入れなかったため言ってみれば新築そのもの。

ですので窓を全部拭いても雑巾が少し汚れるくらい。まだ仕事上がりにご飯食べに行って顔拭いた方がはっきりいってきたない。

汚れを探すほうが難しい。小姑のようになっちゃいます。


ダルダルモードで掃除していましたが、来ましたね~お風呂掃除です。

一見綺麗なお風呂ですが隠れたところはかなり汚れています。こういうのを待っていました!

相手が強ければ強いほど実力を発揮します。サイヤ人のようです。


最近の電化製品や家具など身の回りのものは自分で掃除してくれたり、掃除しやすい構造になっていたりします。

うちの風呂も昨日まで全く知りませんでしたが排水口の部分が何個かのパーツに分かれてそれぞれが取り外せるんです。

これまで排水口から流れてしまった髪の毛などのゴミはパイプマンなどで強引に溶かすしかなかったけど、その必要なく簡単に取り出せます。

中から結構「オェ」って来そうなモン出てきましたが、掃除した後に入ったお風呂の水はいつもより澄んでいるようでした。イメージですけど。


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
一方、工房では・・・・
大掃除二日目。こっちは逆にやってもやっても綺麗にならないので大変。。。


そんなことより「2重掛けテストピース」ついに完成しました!

裏の釉薬場の机の上に設置しました。研究所のようです。生徒さんにはここで悩んでいただきます。
c0130858_23213877.jpg



掛け合わせによっていろんな色が出るんですね~。
c0130858_23215488.jpg



ここに設置が決まってから一つ難題が勃発。
一度にたくさんの作品を机に広げて釉掛けしたいときや穴窯で炊き出しや食事を取るときなどこれじゃ不便なのでは?

このように反対側に置いてある作品に手が届きません!(写真:スタッフ加藤)
c0130858_232275.jpg



そこでっ!!

だったらフラットにすればいいんでしょ。


↓って事でこうなりました。↓
c0130858_23221714.jpg



チョウ盤をつけて開閉式のテストピースです。

新年から生徒さんの反応が楽しみです。
c0130858_23222687.jpg




今日の一言
「自販機への道のりには・・・」



ブログランキングに参加しています。いつも応援ありがとうございます。
人気ブログランキングへ
[PR]
by kirakupo | 2007-12-27 23:44 | 陶芸教室
作品の仕上げ方
たまには陶芸の事をって言われたので。

表面のボコボコを仕上げます。(乾式)
これは磁器ですが粘土でもできます。ただし粒が入ってる場合傷が残ります。
c0130858_1142698.jpg




使うのは断熱レンガを切って駄目になったゼットソーの刃と金ノコの刃です。
c0130858_13554.jpg




縦横無尽に凸凹を削りとっていきます。
c0130858_125312.jpg




次の段階にはコレ↓。繊維やすり。荒目と細目。
目詰まりしないし曲面にそってくれるのでし易いです。
c0130858_14421.jpg




先ほどのノコ刃が消えるまで、円を書くようにします。もちろん荒目→細目です。
c0130858_114162.jpg




細目をあてた後。若干の傷はまだあります。
c0130858_135689.jpg



底面には耐水ペーパー180~240目。
僕は結構荒目でいきます。
c0130858_143052.jpg




コレで削り仕上げはだいたい終了。

その後、コンプレッサーで粉を落としてから刷毛で水を塗ります。削り粉を定着させて、表面を滑らかにするのが目的です。細かいヤスリ目はこれで消えます。

水の塗りすぎには注意!
c0130858_14574.jpg





□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
一緒にこんな写真も出てきました。
陶画のりで文字を書いた後、ドロマイトマット釉を中央に向かって拭きつけ。
土は黒味影土です。
c0130858_145183.jpg






今日は2007年ワースト3位には入る日でした。


譲られないこともたまにはある。断固として意地をはってしまいました。

全力でぶつかれる人もそう多くはない。

いつでも100の力でかえしてくれる。

3年前と同じ内容。でも今日は一通り考え抜いてたどり着いたこたえです。

堂々巡りを繰り返しているのか、それとも周回差がついたのか・・・。


どちらにしても期待に添えないことが悔しいんです。






今年一年はどうだったか?と自問自答。

足踏みしていた感じかなぁ?


でもおかげで足元が固まったような・・・




今日の一言
「すばらしい版画」




ブログランキングに参加しています。クリックお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by kirakupo | 2007-12-26 01:53 | 作品
今年最後の教室
今日で今年の教室が終了いたしました。

最後の日はクリスマスイブともあってカップルで賑わい、ハッピーハッピー。

最後の生徒さんを見送り、寂しさがいっそう漂う教室で僕らは相変わらず2重掛けのテストピースづくり。


ラジオから流れるクリスマスソングが空気を柔らかくする。


作業が段落したので今日のところはこれでおしまいと加藤君を見送ってからマイワークへ。

最後の仕上げをしていたのですが・・・


「パキッ」

って少し力を入れすぎて割ってしまいました。その後もう2つ。。。


駄目な日は全く駄目ですね。

3時間がふいになっちゃいました。


おかげで、明日から大掃除ですが余り気がのりましぇーん。



それでは皆さん、素敵なイブの夜を。



今日の一言
「聖域」



ブログランキングに参加しています。クリックお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by kirakupo | 2007-12-25 02:00 | 陶芸教室
ふぐ
今年2人の生徒さんがめでたく還暦を御迎えになって、お祝いに送っていたお花が届いたようで朝からお礼の電話を頂き幸先のよい一日のスタートをきることができました。

二人とも感謝の気持ちが声から伝わってきました。「ありがと~」ってお互いに電話を切ることって余り無いですよね。とても気持ちのいいことです。


それに僕の気分がよかったのは晩に友人の会社の忘年会に誘われていたから。



それもフグです。フグ。


金沢では余りフグを食べる習慣は無かったようです。大阪の家庭では最高級料理に位置づけているようでがそうなんですか?
前に頂いた家庭では年に一度の大イベントのような扱いでした。

(ちなみに実家の最高級料理といえば天然の寒ブリでした。親父が「地元民でも滅多に食べれんぞ」って自慢していました。)


今日で食べるのは3回目でしたがこれが旨いの何のって。

ブニブニしか食感がたまりません。昔やったらわからんかったやろ~な、この旨さは。


本当にご馳走様でした。




その後、久しぶりにビリヤードへいきました。


以前は毎週のように行って少しは上手になった(!?)と思っていましたがしばらくあいてしまうとダメですね。まっすぐ突ける気がしません。

最近ではビリヤードはいつにも増して低迷中でそのお店も4台あった台が2台に・・・。
その代わりにダーツが増えていました。

そうなるのもよくわかります。だってビリヤードってうまい人とやらんと全く面白くないし、うまい人とやる機会ってほとんどないし。

その点、ダーツの面白さって分かりやすいように思います。はまると奥は当然深いんでしょうが裾が広いっていうか。女の子とだってできますもんね。

生徒さんにダーツバーをやってる人がいて話を聞くとめちゃくちゃ奥が深いみたいですね。


何でもやりだしたら奥が深いし、分かれば分かるほど面白さも分かってくるもんです。


そのきっかけはいつも人との出会いだと思いませんか?

僕の場合、知り合った人の趣味やお仕事のお話を聞くうちに自分自身いろんなことに対して興味を持つことができるようです。

逆に自分もそうありたいですね。



今日の一言
「センターショット」



ブログランキングに参加しています。応援よろしくです。
人気ブログランキングへ
[PR]
by kirakupo | 2007-12-24 01:41 | その他
厄払い
今日は子供の団体体験でホント賑やかな工房でした。

今日で今年最後の教室だった生徒さんの背中を「よいお年を~」って見送りながら、今年ももう数日で終わりなんだなぁって年末独特の心境にあります。



その後、相変わらず2重掛けのテストピースを作っていたら知り合いから電話がありました。

「兄貴が今年あと厄でうちでぜんざい振舞ってるからおいで」と。

大阪の古い風習なのでしょうか?金沢には無かったような・・・。


ぜんざいを親しい人に振舞うことで厄も皆にすこしづつもらってもらおうというものだそうです。

ってことはあのぜんざいと一緒に厄を少しだけもらってきたということなのでしょうか?
まぁ美味しかったのでよしとしましょう。


この風習はできるけ多くの人にぜんざいを振舞ったほうがいいそうです。面白い事にネズミ年の人にぜんざいを振舞えば100人分の効果があるそうです。

なんで100人なんだろう?でも100ってところがいいですね。



その後、お寿司に焼き飯、焼きそば、ちゃんぽん、から揚げ、杏仁豆腐とめちゃくちゃご馳走になってしまいました。
さすがに久しぶりに胃袋の突っ張る感覚をおぼえております。





今日の一言
「はじめの一歩82巻」




ブログランキングに参加しています。今日もクリックありがとうございます。
人気ブログランキングへ
[PR]
by kirakupo | 2007-12-22 23:31 | その他
二重掛けテストピース
とりあえずは一年の大きなイベントはすべて終わって、後は大掃除と忘年会を残すのみとなりました。

ぼちぼちムロの整理とか換気扇の掃除とかを始めましたが、その傍らでは半年前より進めている「釉薬の2重掛けのテストピース」を作っています。

教室で「この釉薬の上にこの釉薬を掛けるとどうなりますか?」とよく聞かれますが何種類かは分かるんですがほとんどの掛け合わせは恥ずかしながら、

「やってみないと分かりません。」

としか答えることができませんでした。

その結果、釉薬が流れて棚板にくっついたり、とても気持ち悪い色になってしまったりします。時々奇跡の色を生むこともありますがとても稀な事です。

釉薬は絵の具のように青と赤を混ぜると紫になるというような単純なものじゃないので予想のつかないことがよく起こります。(それがいいのかもしれませんが・・・)

そこでこういったテストピースがあればゴチャゴチャいうよりはっきり分かりますよね。
c0130858_0374359.jpg


でも、やり始めてすぐに大変なことに手を出してしまったと気づきました。


そんな難しいことに思えないかもしれませんが、何に難儀してるのかというと単にその数が多いのです。


かたーくなった釉薬、あまり使わなくなった釉薬、残り少なくなった釉薬、土鍋の釉薬などを除き一応レギュラーとして22種類の釉薬を設定しました。


ということは・・・一つの釉薬に対して21種類の掛け合わせのパターンがあるということ。

それに赤土と白土、酸化と還元がありますので、


22種類×21パターン×2(白と赤)×2(酸化と還元)=1848個!!




まぁ、1848種類の釉薬のパターンがあるって考えるとワクワクしますよね。でも、実際使えそうなものはその中の2割から3割といったところ。

でも、使えないものは使えないものとして分かっていればそのピースは仕事を果たしたことになります。



とりあえずは加藤君が頑張ってくれて何とか全種類焼いたのですが、この莫大な数をどこに設置しましょうか?


しばらくの間ダンボール箱にその1800個を入れていましたが生徒さんがその中から特定のピースを探し出すことははっきりいって奇跡に近いことでした。

ジャラジャラ・・・ってまるでくじ引き!



加藤君がせっかく苦労してやったことなのにこれでは申し訳が立ちません。

そこで2人で背精一杯無い知恵出し合ってその設置方法を考えました。

上手い事収納しようともしましたが、最終的には常に見えるようにしたほうがいいということになりました。

何の釉薬にしようかと悩んでしまってあるものを探し出すより、テストピースを見て作品のイメージを膨らませてもらうアプローチの提案です。

いつも釉薬に悩んでいる人が少しは助かればいいと思います。

c0130858_0382082.jpg

その設置自体もすげーかっこよく仕上がる予定です。



今日の一言
「一喜一憂」




ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by kirakupo | 2007-12-22 00:40 | 陶芸教室
契約更改(今度こそ)
一昨日のブログ見たらタイトルと本文がまったく違うこと書いてますね(笑)

シーズンオフで契約更改に望む選手のニュース見てそのことについて書こうと思ったのに、話がそれたまま終わっちゃったみたいです。

確定申告も近いっつうことで・・・。


とても華やかに見えるプロ野球選手ですが、サラリーマンの生涯所得を一年で稼いじゃう選手ばかり目立っちゃってるけど結構大変みたいです。


調べてみると・・・

プロ野球選手の年棒
平均年棒 セ・3882万円
平均年棒 パ・3217万円

だそうです。まぁ我々に比べると普通に高給取りですがあくまで平均です。先にも書いたように中にはバット一振りで数十万円って選手もたくさんいます。

ということは中には年棒数百万って選手もたくさんいるってことですよね。
危険球もらった瞬間に選手生命絶たれる事だってあるのに。。。とてもシビアな世界です、ハイ。


ちなみに1軍選手最低保障額は1,500万円。


選手平均寿命は驚きの28歳!既に追い越してしまってたちゅーこと。わけー。
確かに最近若い選手多いしね。

甲子園観るといつになっても年上のお兄ちゃんがやってる感覚ないですか~?でも彼らは今や平成生まれ。岡本健一もびっくりのヘイ!セイ!ジャンプです。


話を戻しまして・・・


一年で一生食ってけるだけ稼ぐ奴なんて殆どいねぇぇぇ、ってことです。


契約交渉でスポーツ選手なのにガメツイって思ってたそこのアナタ!必死なのですぞ!彼らは!




ところで今シーズン年棒で目立った選手といえば中日の中村紀洋がその中の一人だと思います。


中村紀洋の過去数年の年棒は次のとおりです。(選手名鑑)

1997年 6千万円
1998年 5千600万円
1999年 8千800万円
2000年 1億4千万円
2001年 3億円
2002年 5億円
2003年 5億円
2004年 5億円
2005年 50万ドル
2006年 2億円


2002~2004の5億がまぶしいですね~。いうまでも無く全盛期です。
その後、メジャー挑戦したけどすぐに日本球界戻ったのはいいのですが皆さんご存知のとおり2006年の契約交渉でとんでも無い逆風が吹きます。


オリックスとの契約でダウン提示に納得せず、徹底抗戦したところ自由契約にされました。

ピークを過ぎてしまった選手とはいえ元5億円プレーヤーです。名実共にまだまだ行けるとどこかが手を挙げると思いきや、球団とケンカした選手は路頭を彷徨う事になります。

その後、紆余曲折を経て育成選手としてドラゴンズに拾われましたがその時の年棒が何と400万円!背番号は205って漫画じゃあるまいし・・・。
これじゃ2億円の所得税が払えましぇん。

それでも野球をしたかったんですね。そして悔しかったでしょうね。

でも見事53年ぶりの日本一に貢献して、更に MVPに輝きました。男の中の男です。
いろんな人を見返せてスカッとしているのか、それとも落合監督や野球できることに感謝しているのか?


来年も期待しましょう^^



今日の一言
「ハンカチ王子よりマー君派」



ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by kirakupo | 2007-12-21 01:46 | その他