大阪堺市で陶芸教室『喜楽歩』を主宰する陶芸家八田亨の日常や作陶のヒント、作品を紹介します。
by kirakupo
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログパーツ
カテゴリ
全体
その他
装飾と技法
作品
陶芸教室

古き良き日本
イベント
穴窯
イタリア
カップ麺
道具
作品展
お土産
映画

食べたこと
kodomo塾
出張教室
日々
クラフトフェア
パンジョライフカレッジ
未分類
メモ帳
以前の記事
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
お気に入りブログ
灯しびとの集い
最新のトラックバック
[#629]窯出し
from 器・UTUWA&陶芸blog
アイアムレジェンド
from 浅見れいな、森山未來、熱愛、..
アイアムレジェンド 結末
from takagana22
アイアムレジェンド ネタばれ
from 最近の話題
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
イタリア2日目-①
二日目、ミラノ観光。

空港でスタッフの加藤君に仕事メールすると「ACミランのミラノっすね!」とハイテンションが伝わってくるような返事が帰ってきた。

この時期のイタリアも日本と同様に朝晩はかなり冷え込むのでダウンを持っていって正解だった。吐く息も白い。

ミラノのホリデインの朝食バイキング。意外とバリエーションがあった。よく分からん包みには注意すべし。チーズかと思ってかじったらバターでした。牛乳はイタリアどこでも薄くてマズイ。
c0130858_1813845.jpg



どのホテルの部屋にも必ずあるこれなんでしょう?実はウォシュレットだそうです。必ず近辺にタオルがかかっていますが黄門様専用なので注意!
c0130858_18133058.jpg



これもどこにも備え付けてあります。僕らは部屋で洗濯するなどして着替えを持っていくのを極力抑えたり、靴下などはボロを持っていってほかしたりして荷物を減らすようにしました。奥さんは洗濯物を乾かすのに命を懸けていましたのでこのドライヤーは相当重宝しました。
c0130858_1814786.jpg



移動は貸し切りバス。30人程参加見込みのツアーだったのに集った人数はなんと6人だったので50人乗りのバスは超ガラガラ。一人8席です。
車窓から撮影。単車はPIAGGIO製が当然多く、さりげなく停まっているべスパが絵になります。
c0130858_1814242.jpg



街角の花屋さん。
c0130858_18143817.jpg



いたるところで見られる路線電車。既にミラノの街の景色と化している。ミラノは霧がひどい為路面電車は目立つようにオレンジ色に塗装されています。
c0130858_18175186.jpg



最初の目的地の「サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ聖堂」。
なんとこの何の変哲も無い教会の修道院の食堂にあの有名なレオナルド・ダ・ビンチの「最後の晩餐」が描かれています。

写真は残念ながら×。他でよく見ることができるから撮る必要もないんですが・・・。
ホコリなどで壁画が汚れるのを防ぐ為入り口のドアは3重構造になっていて後のドアが閉じないと次のドアが開かない仕組み。

体が震えました。言葉に出来ない感動。
今は特別に扱われていますが、当時は食堂のただの壁画。絵の下部(キリストの足元)はキッチンの入り口を作るため大きく穴が開けられています。食堂だったので修復前は油やホコリで相当ダメージがひどかったようです。
c0130858_1825296.jpg



教会内部。どの教会の壁や天井に絵が描かれている。
c0130858_1815728.jpg



天使の壁画。ノミで打ったような傷はなんだろう?
c0130858_18151636.jpg



教会の中庭。「冷静と情熱のあいだ」で登場したようですがどこだったっけ?
第二次世界大戦の時、アメリカ軍の空襲によりこの中庭を含め食堂も破壊されましたが「最後の晩餐」の壁は奇跡的に残ったそうです。
c0130858_18153971.jpg





↓ブログランキングに参加しています。クリックお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by kirakupo | 2007-11-12 19:11 | イタリア
<< イタリア二日目-②。 イタリア一日目。 >>